あん子のスピリチャル日記

annkotyann.exblog.jp

ブログトップ

昨年の思いで♡感謝の沖縄旅行 ③

10月6日の宿は、沖縄北部の小学校の後を利用した宿でした。

宿へ向かう車中では、行きとは全く違って
ただただ、頭が痛くて、時折吐き気に襲われ、車から降ろしてもらったり
出来るだけ横になれるように配慮してもらったりの車中になってしまいました。

鎮痛剤も絵美香さんから頂いて飲んでみましたが
一向に痛みは和らぎませんでした。

普通なら、直に病院に行きたいと思ったかもしれないのですが

前日、イベントが終わって、皆で温泉に行った時に
何気なく血圧を測ってみたら
なんと、私の血圧が、146以上あったような気がします。
暫く血圧を測る事も無かったんですが、大体のわたしの血圧は、上が90、下が56と言うような、低い方だったので、ほんの少し、ビックリしていたんです。

でも 
頭が痛いわけでも無いし、ふらつく事も無いし、しんどい訳でもない
まぁ〜高いなぁ〜的に認識していました。

そして、だから今の頭痛の原因は、高血圧になったからだと、うっすらそう思っていました。

昔、母の介護をしていた時に、母にいろいろあって、とても心配していて
一段落した時に今度は、わたしが、胃潰瘍になりかけた事がありました。

その時に血圧が、上が120ぐらいあって、普通の人には、何ともない血圧なんだけど
わたしには、高血圧の症状になっていて、頭が痛くて・・・・
病院の先生に、薄いピンク色の錠剤の鎮痛剤を頂いて飲んでいました。

その時の強烈な頭痛と似ていたので、わたしは、「高血圧での頭痛」だと思い込んでいました。

宿までは、多分、2時間以上掛かったのかと思います。
途中、コンビニに着いた時には、酷い寒気がしていたので
トイレの中で、必死の思いで、ぬれた服を脱いで、乾いた服に着替えることができました。

宿は、小学校の校舎をそのまま利用したような作りになっていました。

わたしたちの部屋は、2階でした。

2階へ着くと直に
一番奥に布団を敷いてもらって
毛布を何枚も着せてもらって、横にならせてもらいました。

熊ちゃんは、わたしにお水や
そして、冷たくしぼった熊ちゃんのタオルを頭に乗せてくれました。

みんなが、夕食やそして、楽しそうに宴会をしているのを感じながら
みんなの話し声や笑い声は、わたしにとって
優しい子守唄のようでした
わたしは、頭痛と悪寒に襲われていましたが、こころは、不思議と安らいでいました。
熊ちゃんのタオルが、とても気持ちよくて
きっと痛みを和らげてくれていたんだと思います。

みんなが、就寝してからしばらくして
誰かが
「ぎゃー」って叫びました。

わたしも慌てて飛び起きました。

こんな時に
こんなことが起こります。

幸い何も無かったようで直に休む事が出来ました。

普段、夜中にお手洗いに起きる事は無いのですが
こんなときは、不思議と2回も起きて、お手洗いにまで行きました。
排尿すると、頭痛が、酷くなるような気がしていました。

朝、7時になっても
一向に頭痛も良くなるように思えなくて
みんなと一緒に行くのは無理かなって思えたので(やっとですが(笑))

保ちゃんにお医者様に行きたいと伝えました。

すると

ここは、ドクターヘリで、病院に行くらしくて

わたし的には、病院で、点滴でもしてもらったら元気になるのかな♪なんて感じだったんですが・・・

しばらくすると 保ちゃんが、へりが来たよって知らせにきてくれました。
d0205250_10221374.jpg

ここは2階  
 「それなら、下へ降りるわ」って言うと
「寝ていないと連れて行ってもらえないよ」と言われて
えぇ〜わたしの巨体を運ぶ方が気の毒だと思いながら
また、横になりました。
d0205250_9404730.jpg

保ちゃん的には、任務完了!的な(笑)
わたしも気持ちは元気だったので、重たいでしょう〜な感じで、申し訳なくて

タンカーにて
この重たい身体を階段を使って、階下まで運んで下さいました✨

外は、とてもいいお天気
すると、顔に日よけをして下さって
首を固定する装置を付けて下さるんですが
なにぶん 太りすぎて 首が短い分もっと「首」が無くて
とても苦労して、結局子供用の物を付けてもらったような気がします。

ヘリには、熊ちゃんが、付き添って下さいました。
d0205250_10253931.jpg

わぁ〜
気持ちは、外を覗いて楽しみたいところなんですが
なにぶん しっかり固定されて 動かせない物ですから

固定されて動かせなくて
苦しくて
また、嘔吐してしまいました。

一つ目の病院で
目を見て下さった先生が、「うぅ?」て言うような反応がありました。

直にCTやMRIの検査を行って下さいました。

そして、こちらには、脳外科が、無いと言うことで
もう一度、今度は、救急車にて
沖縄県立北部病院へ連れて行って下さいました。

わたしは、全然気がついていなかったんですが、その頃には、ゆきのちゃんも車で来て下さっていたようです。

そして、北部病院へ
検査を終えて
集中治療室へと入って行きました


いきなり、小柳ルミ子の
「お久しぶり〜ね♪あなたにあうなんて・・・」と歌声が聞こえて来ました(笑)

なんなの???

その後も歌が続き
どうやらFM沖縄のラジオ放送らしいです(#^.^#)

なんと

ここは、集中治療室なん?
お隣の方のラジオかな?

しばらくすると演歌が続いて
さすがに耳に入ってくると
コブシの部分で、わたしも力んでしまうようで

思い切って「すいません〜ラジオの歌が大きくて、しんどいです」
と看護師さんに伝えてみました。

「えぇ?そうなの?」

と言うことで、少し音量を小さくして下さったんです。
このラジオは、集中治療室のBGMなんやなと、やっと気がつきました(#^.^#)

検査にも沢山の時間がかかり
その時間をじっと待って下さっていた 熊ちゃんや雪野ちゃん

その間に、主人に連絡をしたり、いろいろな作業をして下さっていたらしいのです。

そして、わたしの荷物を届けにきて下さった、保ちゃんはじめ、み〜んなにも
ご迷惑かけまくりです。

そして、わたしの主治医の先生からご主人を呼んで下さいと言われました。

「主人は、かなりの年配だし、わたしは大丈夫だから」と断ってみたんですが

先生からは、「実は、くも膜下出血を起こしています。90%は、助からないか、後遺症が残ります」と
そう告げられました。

それでも、ちっとも不安にならない わたしでしたが、仕方ないなぁ〜と
主人に携帯電話で、指示(笑)

「伊丹空港から沖縄に来て」と・・・

主人は、今までにも数回は、沖縄旅行はしていましたが、いつも旅行者の方に全ての手配をしてもらっているので、自分で、飛行機に乗って移動するのは、初めて♪な感じで
おまけに、わたしがくも膜下出血だと聞いて、可哀想にどぎまぎしていたんだと思います。
携帯に電話がかかって来て、伊丹空港の電話番号が分からないって
パソコンで伊丹空港を見ていたようで、「104で聞いてね」と言って上げました。

わたしは、点滴と座薬の痛み止め、そして酸素とおむつ(管で、尿を取るかと聞かれたので、おむつを選択しました)
そして、沢山のアイスノンをしてもらって

成人してから初めてのおむつと「動けない」と言うことを体験しました。
実際は、看護師さんが、溲瓶を持ってきて下さいます。
わたしは、母の介護をしましたが
介護される人の気持ちがわかるような気がしました。

何と言うことでしょう
どんな顔をして、わたしは、ここに、こうして居るんやろ
そんな思いの一枚の写真を自分で撮ってみました。
アップは、控えたいと思いますが(笑)

二度とこの思いはしたくないと思いました。

熊ちゃんは、雪野ちゃんのお陰で少しでも観光をして下さったそうです。

いろいろな手続きも終わったら
携帯の充電が切れそうになっていて
看護師さんにお願いしたら「ダメです」と断られました。そうですよね。
そしたら、雪野ちゃんが、充電してくれました。
雪野ちゃんのお家が、車で、5分ぐらいだったそうです。
それにしても良くして頂きました。

翌日、主人も、入れ替わるような感じで、ちゃんと飛行機に乗り、空港からバスに乗って
やって来て下さいました。

そして、主治医からの説明を聞いていました。
動脈ではなく静脈だと言うことと比較的、軽い症状だと教えてもらいました。
主人が、会社をしていた時に事務をして支えて下さっていた女性が、ちょうど60歳になってこれから年金で楽しむと言っていた矢先に「くも膜下出血」になり、今も寝たきりの状態になられています。だから余計にもうわたしもダメかと思っていたそうです。

わたしの顔を見て、安心した?と思います。

わたしの要らない荷物をぎゅっとリュックに詰めて持って帰ってくれました。

で〜
ホテルもいろいろ教えてもらったそうで、
ホテルについてから夕食は、外の居酒屋さんへ
居酒屋さんを選ぶときは、一番美味しそうなお店
車がいっぱい停まっているお店を選んだらしいです。
美味しくお酒を飲んでお勧めのお料理を食べたらしいです♪
余談ですが、主人は、朝、空港へ行くと70歳以上と言うことで凄〜く料金が安かったらしいです。
翌日、朝一番で、帰りましたが、帰りは、ビジネスクラスで帰ったと喜んでいました♪
どんなときでもささやかでも喜びを見つけられる主人に感謝です。

わたしは、点滴と痛み止めの座薬とアイスノンが、3日間ほど続きました。
頭が痛いときは、音に敏感になるらしくて
その上、集中治療室の隣には、各部屋の警報も鳴るらしく
夢の中で、争うような夢を見たので
警報もお願いして小さくしてもらいました。

集中治療室には、大阪の吹田からこられた看護師さんが、親しみを持って接してくださいました。
皆さん本当に親切でした。

そしてイケメンに美人の看護師さんが多かったです。

この日記では、忘れては行けない、大切な思い出を書いています。

大変、お世話になりました。

保ちゃん(金城保さん〜沖縄の神人さんで、沖縄のツアーもしています)

純ちゃん(光の書家純さん〜大阪からご一緒させて頂きました。いつも魅力的な講座やイベントでは、光溢れるメッセージが魅力的な方です。)

熊ちゃん
(熊倉慶子さん〜チャネリング講座や直感活用法クラスなど、東京や大阪で活躍のとても素晴らしいクラスの先生です。本格的なチャネリングをされる方にお勧めです)

ゆきのちゃん
(大城 ゆきのさんーアクセサリーや小物の作家さんでもあり、いろいろ楽しい女性です。)

絵美香さん
(絵美香さんセッション名一寿 笑歌さん、神社での巫女、そしてカードリーダーをされています。ワンドの手作りワークショップがとても人気です)

有美ちゃん
(曾我部有美さんーOSHO禅タロット『あなたの心の応援団長』としてメッセージをお届けされています。「幸せの玉手箱」のお手伝いもいつもして頂き感謝しています)

瀬戸さん
(瀬戸芳夫さん★"文字を変えるだけでイケてる自分に変わる" 路上の筆跡診断人さんです。イオンモールや天神橋の商店街などなどいろいろなところに。講座もお勧めです。)

さぁ〜ちゃん
(小嶋小百合さんー昨年夏に東京のイベントでお会いした、とても爽やかで素敵な方。偶然にも沖縄のイベントで再会、そして(笑)親交がとても深まる人❤️スピリチャルTV水曜日の鑑定団にも出演。身体からのメッセージをお伝えして下さいます。)

和美さん
前泊一美さんー保ちゃんの生徒さんでもあり、アーティストでも♪一緒に旅をさせて頂きました。わたしの入院中にご実家があると言って2時間以上掛けて来て下さいました✨)

親びん
(宜野座哲哉さんーRASのファシリテーターとしてもまた、楽しいセミナーや宜野座村漢那の自宅で夫婦で癒し・ハンドメイドのお店をされて活躍されています)

千秋さん
(てっちゃんこと、親びんの奥様、可愛いお二人のお嬢様を育てながら、ご夫婦で癒し・ハンドメイドのお店♪耳つぼなどのマッサージからめちゃ可愛い小物のハンドメイドまで多才な方です)

しまちゃん
(前泊しまこさんー2013年に「幸せの玉手箱」を通じてお友達になり、みんなで、鞍馬山にも行きました。神ごとを含めてのチャネリングなどをしています。電話でも鑑定できます)

いすずさん
(作久田いすずさんー久米島の素敵なサロンで、神人として、そしてマッサージなどもされています。サロンでは、ご宿泊もできちゃいます。この夏は、久米島ツアーにてお世話になりました。)

ミカヨフェルさん
(ミカヨフェルさんーレムリアンヒーリングのティーチャー。多くのヒーラーを育て上げながらシャスタやバリなどの聖地ツアーもされています。)

美智子さん
(美智子さんー沖縄のヒーリングパラダイスで、素敵なクリスタルボウルの演奏を聴かせて下さいました。実は、2013年頃だったか、ミラ・ローズのリトリートでご一緒だったんですよね♪やはり、遠いところまで来て下さって嬉しかったです。)
[PR]

by annkotyann | 2015-07-08 14:33 | Comments(0)

<< 昨年の思いで♡感謝の沖縄旅行 ④ 昨年の思いで♡感謝の沖縄旅行 ② >>