あん子のスピリチャル日記

annkotyann.exblog.jp

ブログトップ

ジェーア・ライオンズ

智栄子さんのご紹介くださる、ジェーア
2009年に初めてセッションを受けました。母の寿命も気になっていて、ジェーアに死後の世界を教えてもらいました。亡くなってもカーテンを一枚隔てた世界にいるだけだよって。
その年の暮れに母が亡くなり、ジェーアの教えは、私にとても役に立ってくれました。
そして、2010年ジェーアのグループワークを受けていました。
ジェーアが、一言「子どもの頃は、大変だったね」
絶妙のタイミングでした。
その一言が、今まで、じっと押さえ込んでいた思いを噴き出させる役目をしてくれました。母が、亡くなり肩の荷が下りたのかもしれませんが、初めて わたしは、私の子どもの頃の痛みを感じることができたかもしれません。
今までは、わたしの子どもの頃の体験は、ごく普通で、たわいもないこと、そんなの気にしていたらダメだって、強く自分に言い聞かせていたんだと気がつきました。
その瞬間から蛇口の壊れた水道のように涙が溢れ 嗚咽しながら泣きました。
悲しくて泣くのではなく、よく頑張ったわたしが、いじらしくてかわいそうで、いろいろな思いが、噴水のように溢れてきました。
そして、その辛い過去と見守られてきた優しい愛をしっかり感じることができたんです。
喜びの涙も半端なく流れていました。

数日続いたワークが終わっても 部屋の中で一人好きなお香を焚き好きな音楽を聴いて その時の感情を思い出し泣きました。
車の中も絶好の泣く場所になりました。音楽を耳いして、いろいろ思って泣きました。

ジェーアのワークは、未来を予言するものでもなかったかもしれないけど、素晴らしい感性の扉を開いてくれました。

ワークの中には、踊りや仮想のようなものやいろいろ、とてもユニークでした。

いろんなところからわたしたちの感性を思い出させてくれるんだと思います。

その人に必要な何かが、目覚めるような気がします。

わたしには、子どもの頃を思い出して、理解して、今を許すことが、必要だったんだと思います。
わたしは、全く勘違いしていました。
とても醜い心をしていて、嫌な人間だと思い込んでいました。

しかし・・・この体験で、わたしは、自分としっかり向き合うことができました。

すると、仕方なかったよね、よく頑張ったよね、えらかったね。
わたしの魂って、本当は、とても純粋でクリアで健気なところいっぱいなんだって、理解することができたんです。

あまりにも辛い思いをしている子どものわたしを守るために嫌だと思うようなわたしがいて、しっかりとガードしようとしていたんだと・・・

さて、2009年ジェーアと会ってから7年経ちました。
母が亡くなりちょうど7年目です。
わたしも60歳
今また、節目を感じるような気がしています。
今年は、1日しか時間が合わないのですが、是非参加して
ジェーアに会いたいと思います。

みなさまも
深い愛のジェーアに是非あってもらえると嬉しいです。


コア・トランスフォーメーションワークショップ2016 】
【日程】2016年11月12日(土)~11月16日(水)
午前10時〜午後6時
【会場】大阪府茨木市内

d0205250_00253906.jpg



[PR]

by annkotyann | 2016-10-19 00:32 | お知らせ | Comments(0)

<< スピリチュアル鑑定団です 夫婦って >>