あん子のスピリチャル日記

annkotyann.exblog.jp

ブログトップ

2018年 07月 03日 ( 4 )

こころの物質化

船井論語 船井幸雄 述〜中島孝志 著 から
第1章 世の中の構造をマスターする知恵


強い怒りのこころを持った息を5分間注入して氷結したものを取り出して検査をすると、なんとライオン5匹を殺すほどの猛毒となっており、逆に安らぎのこころを持った人間が吐いた息は60匹もの瀕死のモルモットを蘇生させることができたそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

怒りの気持ちは、自分の中に毒を作り出しているようなもの
怒りの気持ちに支配されそうになったら

自分自身を慰めよう
楽しいことをしよう
喜べる気持ちを大切にしよう

怒りの気持ち以上に人生を楽しもう💖って思います(*^^*)

小さなお家の中で、夫婦が憎しみ合っていたらどうでしょうか?
お互いが刃物を突きつけているような状態?
それなのに豊かな喜びを求めるのであれば

別れて、人生をやりなおす!!


それとも
この状態が人生の課題として、必要な学びとして受け入れ
お互いのこころが優しさ、安らぎを取り戻せるように最善の努力をして魂を成長させる?💖

少しぐらいは、譲歩して相手のこころをほぐすこともテクニックの一つ(*^^*)
きっとお互いが、平和な安らぎを求めているんだと信じることも一つでしょうか?

会社や社会も同じなのかも〜

同じ波動が、引き寄せられる

d0205250_12130464.jpg



[PR]

by annkotyann | 2018-07-03 12:13 | ひとり言 | Comments(0)

「天の龍は地の蛇にかなわない」から

「天の龍は地の蛇にかなわない」から


船井論語 船井幸雄 述〜中島孝志 著 から
第1章 世の中の構造をマスターする知恵

「たとえ志に反して目先しばらくは得をしたとしても、それはいつまでもあなたのこころに重荷として残っていきますし、こころの金利はいつの日か最終的には収支決算をせねばあいけない運命に追い込まれるのです。
 そうであれば、胃に沿わないことはせずに、マクロの正義を旗印に目先しばらくは損を覚悟して生き抜くべきでしょう。最初に沈んでしまっても、こころに重荷はありませんから、あとは浮かび上がるだけです。」

・・・・・・・・


わたしの意識は、当然のごとく遥か高次元の原点へと向いていると思う
しかし今
見守ってくれている 近い存在の中の高次元意識と繋がることを目指しています。

わたしの周りで、わたしにしっかりと寄り添い見守ってくださっている存在たちに感謝💖

そして、この世界では、わたしが、わたしの人生を決めるリーダーであって、責任者だと思っているので
わたしの心に正直に素直に人生を生きて行きたい
わたしの心の声をしっかり聞いて行きたい

今を大切に〜日々を大切に
まずは、わたしを大切に〜
家族を大切に〜
周りの人を大切に〜
喜びを見つけ
感謝することを忘れない💖

どんな時も必ず 良い方へ進んでいることを忘れない


d0205250_11260316.jpg


[PR]

by annkotyann | 2018-07-03 11:26 | ひとり言 | Comments(0)

過去から未来までプラス思考を貫く

今朝、読ませていただいた本から
今更なんですが〜とても共鳴できる言葉に出会いました♪


船井論語 船井幸雄 述〜中島孝志 著 から
第1章 世の中の構造をマスターする知恵

《過去から未来までプラス思考を貫く》
 「一般に、成功する人の心の波動は、すべてがプラス発想です。過去、現在、未来が一貫してプラス発想なのです。
 ところが、失敗する人の波動は、これとは全く逆です。スクルージのように、過去も現在も未来も恨みでいっぱいで、他人に対しても嫌がらせをしてしまうほど性格がねじ曲がっているのです。それだからこそ、結果も、成功とは正反対の失敗に落ち着いているのです。
 たとえば、口を開ければため息か、「あの時こうすればよかった」という愚痴と後悔の念でいっぱいです。現状にも不満だらけです。
 しかも彼らに共通することは、自分が嫌いだということです。にもかかわらず、未来に対しては、成功したいという欲望でいっぱいなのです。
 つまり、過去と現在の思考パターンが失敗への公式どおりに進んでいるにもかかわらず、未来への欲望だけは成功者のパターンと同じにしたいのです。こういうねじれた思考方法では、成功も幸福もつかめないでしょう。
 船井さんがよく言うように、「過去は過去として悔やまない。失敗は自分に何かを気づかせるためにあったことと割り切る。何事も必然、必要、ベストと心得る」ということが、未来に正しく夢を持てる条件です。
 過去と現在に悩んでいる人が、未来に正常な夢など持てるわけがありません。
 過去を肯定する。そして現在をプラス発想で生きる。その勢いで未来に夢を持つ。そんな自分を好きになる。まずはここからスタートしてみましょう。」

d0205250_10303906.jpg



こんな文章に出会えて♪元気になりました(*^^*)💖

[PR]

by annkotyann | 2018-07-03 10:32 | ひとり言 | Comments(0)

リーディング体験会でグループヒプノをさせていただきました♪

ヒプノセラピー

昨日は、グループヒプノをさせていただきました♪

何人かの方が、涙を流されていました。
ヒプノセラピーでいつも感じたことがなかった〜肉体的な痛みや苦しみを感じて入られた方もいらっしゃいました。
「殺されかかって逃げた、苦しかった〜でも、行動に移したことで、自由と素晴らしい今を手に入れた」と、おっしゃっていました。

エジプトの過去世の方も多くいらっしゃいました。
その中のお一人
王族の大移動の時、道半ばにて、命を落としたとおっしゃっている方もいらっしゃいました。大勢の方に支えられた、感謝の人生だったそうでうす。

理想的な未来を見て感動されて泣かれていた方もいらっしゃいました。

参加者くださいました方みなさまが、それぞれの過去世や未来をみてくださっていました。
その中にひときわ泣いている方がいらっしゃいました。

その方のご了承を得て、こちらにご紹介させていただきます。

えぇ〜って思われたそうです。
そうですよね〜でも
初めに言った わたしの言葉
「この時間は、全てを受け入れてみてください。」
その言葉を思い出されたそうです。

チャネリングの要素もありえますので、その辺も多少考慮してお読みくださいませね。
彼女の波動が引き寄せたメッセージです。

『16世紀フランス。
私はマリーアントワネットでした。

政略結婚で嫁いできた私。

それでも新たにできた家族を愛していました。

子どもを乳母に育てさせるより、
もっともっと自分の手で育てたいと感じていました。

子供と過ごす時間が1番自分らしく、幸せでした。

辛いこともありました。
それを埋めるために、楽しくもない楽しみに酔いしれもしました。

そして死ぬ前に、改めてわかったこと。

それは「家族の大切さ」でした。

先に処刑された夫を愛していました。
そして私が処刑された後、残していく子供たちのことばかり気にかけながら、
処刑の日を迎えました。

子供の心配で真っ暗闇な気持ち。

そして処刑されるにも関わらず、

世界は明るく光に満ちており、
いつも守護や天使が見守ってくれていたことがわかる安心感。

両極端の「光と闇」を感じながら、
最後は光の中へと天使に癒されながら昇天して行きました。

「よくやってたよ」「よーく生きてたよ」と。

風評被害とは裏腹に、
幼少期から明るく利発で賢い子でした。

その賢さを出しすぎると、男性社会では裏目にでる。

政治の世界でのストレスを晴らすため、
きらびやかな衣装などにお金をかけた。

それを良いと思わない者がいることには見目見ぬふりをした。

「私は辛いんだもの」

まるで世界で自分だけが辛い世界にいるような孤独感。

そして死後。

空の上から振り返った自分の人生からのメッセージがありました。

周りを見なさい
相手に聞きなさい
そして自分の心に従いなさい
1番近くの家族を大切にしなさい

自分を宮殿に閉じ込めてはいけない

自分以外のものも、この世界には生きています

この過去生で1番心が安らいでいたのは

「夫との時間」「子供との時間」

本当は家族との時間が、何をするでもなくただ幸せなのでした。』

来世位にまで名前が残るような大きな魂は、「分け御魂」といって、たくさんの方の魂にも存在するんだと思います。

自分の感じたことを大切に伝えてくださった方に感謝します♪

『周りを見なさい
相手に聞きなさい
そして自分の心に従いなさい
1番近くの家族を大切にしなさい

自分を宮殿に閉じ込めてはいけない

自分以外のものも、この世界には生きています』

素敵なメッセージだと思います💖



[PR]

by annkotyann | 2018-07-03 10:10 | ヒプノセラピーご感想 | Comments(0)